新・日本の七不思議/鯨統一郎

『邪馬台国はどこですか?』の続編です。この作者、『邪馬台国~』は滅茶苦茶面白かったのですが……。内容は『邪馬台国~』の補足をするだけで、目新しい新説とかはなし。しかも、静香と宮田が和解しちゃって、キャラの掛け合いも殺されちゃっています。 新・日本の七不思議 (創元推理文庫)東京創元社 鯨 統一郎 Amazonアソシエイト by…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

花物語 /西尾維新

化物語シリーズの最新作です。今回の語り部は神原駿河。大丈夫か?とファンに心配されておりましたが、思っていたより大人しかったです。この巻にはアララギがほとんど登場しないのですが、駿河から見たアララギが描かれていて興味深かったです。うん、確かに尊敬しちゃうかもね。 花物語 (講談社BOX)講談社 西尾 維新 Amazonアソシエイト …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十三の冥府 下/内田康夫

久しぶりの浅見光彦シリーズなんですが……、うーん、煮え切らない。そういえば、いつの頃からか浅見光彦は、格好良く事件の真相を暴いて犯人逮捕……という解決方法を取らなくなって、カタルシスが得られなくなって読むのを止めちゃったんですが、これもそんな感じの終わり方です。 十三の冥府〈下〉 (文春文庫)文藝春秋 内田 康夫 Amazon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十三の冥府 上/内田康夫

久しぶりの浅見光彦シリーズです。浅見光彦については説明は要らないでしょう。中学生の頃は読み漁ったものですが。一部で有名な十三湊と『東日流外三郡誌』をテーマに扱っています。ただ、『東日流外三郡誌』は内容にあんまり関係ないような。 十三の冥府〈上〉 (文春文庫)文藝春秋 内田 康夫 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忍びの国 /和田竜

『のぼうの城』の和田竜による忍者小説です。陰謀と詐術の渦巻く虎狼の国を舞台に、銭金のためなら平気で我が子をも犠牲にする、人でなし者共の活躍を描いた作品です。『のぼうの城』が面白かったので期待はしていたのですが、漫画版で大体の話は知っていたのであんまり楽しめませんでした。あと、テーマがテーマなだけあって、『のぼうの城』にあった爽快感がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美女と竹林 /森見登美彦

小説業の副業として竹林経営を志した森見登美彦の、どこまで本気か事実か分からないエッセイです。ってか、所々、小説でしょう、これ? 相変わらず愉快な文体で支離滅裂な世界観を作り上げています。でも、面白いです。私もかぐや姫をさがして、竹林をうろつきたいと思います。 美女と竹林 (光文社文庫)光文社 2010-12-09 森見 登美彦 A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカとテストと召喚獣 9/井上堅二

バカテス最新刊です。前巻と併せて、シリーズ初の続き物です。新学期開始早々、Cクラスに戦線布告されたFクラス。さらに主人公はヒロインと同居生活に突入。二人の恋と試験召喚戦争の行方は?という話です。うーん、相変わらず、ヒロインとの仲がもどかしいです。三歩進んで二歩下がるみたいな。あと、ヒロインの両親も登場、いまでもキャラが多いのにさらに増や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more