俺の妹がこんなに可愛いわけがない 6/伏見つかさ

俺妹シリーズの最新刊です。これまでの各巻は四章立てながらも一冊で一貫したストーリーがあったんですが、この巻は完全に四話形式の短編集っぽい構成になっています。ネタが尽きてきたのかな? 各話は加奈子、赤城兄、沙織、リアといったサブキャラに焦点が当てられています。個人的には沙織の話に期待していたんですが、まぁ期待したほどではなかったかな。その分、赤城兄妹(とくに兄)に萌えです。
 シリーズが続いているだけあって、サブキャラが凄い数になっているなぁ。そんだけのキャラを登場させるだけで大変で、黒猫分や麻奈美分が全然足りない。特に、麻奈美が全然報われていない。この後、ヤンデレ化するんですね。分かります。あと、毎回毎回後に引くような終わり方をするんですが、段々、どうでも良くなって来たなぁ。そろそろ店じまいしてもいい頃だと思うのですが、アニメ化も決まって引き伸ばしすることにしたのかなぁ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈6〉 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
伏見 つかさ

ユーザレビュー:
沙織の素顔が…表紙を ...
沙織可愛かったです! ...
遂に沙織の正体が!こ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック