猫物語 白/西尾維新

西尾維新の大人気化物語シリーズ、待望の最新刊です。この巻から当初の予定を超えることになったそうです。なので、伏線とかもなく、未知の領域に突入です。羽川さんのエピソードはこれで終了なのかな? 切ないです。この巻は主人公アララギがほとんど登場せず、羽川さんの一人称で語られます。彼女の内面にようやく踏み込まれます。いままで、今一ピンとこなかったキャラなのですが、あぁ、こういう人(として描きたかったのか)だったのかと目から鱗でした。あと、戦場ヶ原さんが結構真人間になっちゃっています。好感は持てるようになったのですが、ちょっとキャラが弱くなったかな? この調子で残りの巻数でヒロインの立場を守れるのか?

猫物語 (白) (講談社BOX)
講談社
西尾 維新

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 猫物語 (白) (講談社BOX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 読書

    Excerpt: 最近「西尾維新」の本にはまっている「西尾維新」と言えば「化け物語り」や「刀語」がアニメでやってたりして知ってる人も多いとは思が、 Weblog: ぶどう栽培農家の農園日記 racked: 2010-12-02 01:04