少女禁区 /伴名練

日本ホラー小説大賞(短編部門)を受賞した作品らしいです。表題作の他に、『chocolate blood,biscuit herts.』という書下ろしも収録されています。『少女禁区』の方は流石に受賞しただけはあります。設定とかキャラ立てはありがちな感じで、オカルト小説として陳腐な感すらあるのですが、計算されて練りに練られたプロットで上手いなぁと感じさせます。ヒロインのブラックさ加減が耽美な雰囲気を醸し出してるし、最後は引き込まれて共感すらさせられます。逆転の快感もあります。『chocolate blood,biscuit herts.』の方も一癖も二癖もある作品です。どっちも個性的なヒロイン媒介に独特な世界観を描いています。

少女禁区 (角川ホラー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2010-10-23
伴名 練

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 少女禁区 (角川ホラー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック