風神の門 上/司馬遼太郎

再読です。伊賀最強の忍者霧隠才蔵を主人公に、大阪の役の舞台裏で暗躍した忍者達を描いたアクション活劇です。司馬が何作か残している忍者作品の一つで、霧隠才蔵なんて実在したかどうかも怪しい伝奇的な人物を主人公に据えているだけあって、司馬らしくもないあまり史実に拘らない作品になっています。でも、面白い。なんか、行く先々で女性に絡まれてトラブルを起すところは、昨今流行のライトノベルっぽいです。自分の実力のみで乱世を渡る主人公の生き様に、憧れを抱かない男はいないんじゃないでしょうか?

風神の門 (上) (新潮文庫)
新潮社
司馬 遼太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 風神の門 (上) (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック