破獄 /吉村昭

脱獄不可能と言われた網走刑務所を含め、四つの刑務所から脱獄を果たした、佐久間清太郎の話です。刑務所外での作業中とか、火事などの災害の隙を突いて、などではなく、白鳥用に用意された特殊な牢獄から厳重な警戒監視の中で超人的な身体能力と悪魔のような奸智を尽くして手品師のように脱出する、痛快無比なお話です。まぁ、脱獄するたびに、人を殺したりしているので、あまり褒められたものではないんですが。何もない壁をイモリのように登って天窓から脱出するとか、視線で看守の注意を上に誘導しておいて床下にトンネルを掘って脱出するとか、漫画でしかありえないような手口で脱獄を果たしています。ちなみに、創作ではなく、モデル(昭和の脱獄王と呼ばれた白鳥由栄)がいるそうです。事実は小説より奇なり。清太郎と看守の知略の限りを尽くしたコンゲームが楽しめます。おすすめです。

破獄 (新潮文庫)
新潮社
吉村 昭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 破獄 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック