羆嵐 /吉村昭

三毛別羆事件をモデルにした話です。大正期、北海道に入植したばかりの村が羆に襲われ、6人の男女が食い殺される。人と羆の知力を尽くした相克の物語です。「人間が自然を犯した報い」などとエコロジスティックな感想は持ちません。自然は人間に優しくなんかありません。文明がどんなに進歩しようと人間は無力です。ちょっとでも油断すれば自然は獰猛な爪を振るいます。環境保護などと甘っちょろいことを軽々しく口にすべきではない。そんなのは人間の思い上がりです。そのことを教えてくれる一冊です。

羆嵐 (新潮文庫)
新潮社
吉村 昭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 羆嵐 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック