バチカン奇跡調査官 黒の学院/藤木稟

個性的な二人の司祭が名門寄宿学校に多発する奇跡の真相を調査するという話です。奇跡調査官という素材は凄く興味深かったのですが、話がなんか唐突すぎてちょっと白けちゃったかな。作中であんまりスポットが当たってなかった人物に関して後から重要人物であることが明かされても、今一納得はしずらいよなぁ。ミステリーとして読んでしまったので、今一な感じだったんですが、よくよく考えればこれはホラー文庫でした。伝奇小説と割り切ればよかったのかな?

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2010-12-25
藤木 稟

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バチカン奇跡調査官  黒の学院 (角川ホラー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック