テーマ:屋久島

屋久島冒険記

 どこか遠くに行きたい。  その衝動だけが私を突き動かした。  痛む足を引き摺って、前へ前へと突き進む。  その樹は緑の王宮の奥に鎮座していた。  小賢しい人間の営みを嘲笑うかのように睥睨していた。 出発  4時、起床。外は暗い。天気予報を確認すると、台風に動きはない。曇天だが雨風はなく、この分ではツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more